ふぉーむまんの使い方マニュアル > 基本編:CSVの文字コードを指定してダウンロード・送信する

基本編

CSVの文字コードを指定してダウンロード・送信する

CSVを送信・ダウンロードする際に文字コードを選択・設定できるようになりました。

  • CSV文字コードを変更したいフォームの編集画面で「フォーム設定」を開きます。
  • フォームの編集画面で「フォーム詳細設定」を開き、
    「送信データとメール設定」のタブをクリックします。
  • 「送信データをCSVで保存する」の項目で、
    文字コードを選択します。
    Shift_JIS」「UTF-8」「UTF-16」のいずれかを選択することができます。

    ※デフォルトは“Shift_JIS”になっています

    形式は以下を参考に、ご自分の環境にあったものを選択してください。

    [Windows]
    Excel2010
    [Windows]
    Excel2016
    [Mac]
    Excel for Mac
    [Mac]
    Excel for Mac2011
    Shift_JIS × ×
    UTF-8 × × ×
    UTF-16 × × ×

    Microsoft Excel2010 ver. 14 にて Shift_JIS の動作確認済み
    Microsoft Excel2016 にて Shift_JIS の動作確認済み
    Microsoft Excel for Mac2011 ver. 14.2.0 にて UTF-16 の動作確認済み
    Microsoft Excel for Mac ver. 15.17 にて UTF-8 の動作確認済み

  • ページ下の「全ての設定を保存」で設定を保存してください。
  • フォームを「上書き保存」または「保存」してください。
  • フォーム一覧で、CSV文字コードを変更したフォームの文字コードが
    変わっていることを確認してください。
  • これで、フォーム変更後に自動排出されるCSVや、
    「CSVデータ送信」「CSVデータダウンロード」ボタンから排出するCSVデータの文字コードが設定されました。
    再度変更する際は同じ手順で変更してください。


CSV倉庫の場合
  • フォーム一覧で、CSVが欲しいフォームのCSV倉庫のボタンをクリック
  • フォームで設定した文字コードに関わらず
    Shift_JIS」「UTF-8」「UTF-16」のいずれかを選択することができます。
  • 文字コードを選択後、
    「CSVデータ送信」もしくは「CSVダウンロード」のボタンでCSVを取得してください。