郵便番号から住所検索する機能付きメールフォームの作り方

「住所セット」は、郵便番号を入力して「住所検索」のボタンをクリックすることで、該当する住所を自動で入力する機能です

郵便番号から住所を検索して途中まで(都道府県や市町村)の住所に自動的に変換して入力する機能で、簡単に導入することができます。
「住所のオートフィル機能」と呼ぶことがあります。
この機能を使うことで、住所の項目へのフォーム入力時のストレス軽減になり、入力する側の手間を減らす印象を与えることができます。
申込フォーム、資料請求フォーム、予約フォームへの住所の入力ミス、入力漏れが格段に減ります。

新しい住所セット「住所セット(郵便番号サジェスト)」ができました!
是非ご利用ください!
→ 「住所セット(郵便番号サジェスト)」の設置方法

住所セットを追加する

  1. フォームの編集画面で「▼タイプ選択」のプルダウンメニューから「住所セット」を選択して下さい。「▼タイプ選択」の左側(デフォルトでは「項目名」と書かれている所)をクリックして、お好きな項目名を記入して下さい。(今回は「ご住所」と記入しました)
    住所セットを選択
  2. この状態になりましたら「追加」ボタンを押して、項目を確定させてください。
  3. 「住所セット」の追加で、1度に2つの項目が追加されます。
  4. 問題なければ、画面上にある「保存」または「上書き保存」ボタンを押して、メールフォーム全体を保存してください。
    フォームを編集した際には必ず保存してください

並び替え時の注意

「住所セット」は郵便番号の入力欄と、住所の入力欄で構成されています。

並び替えの際に「郵便番号の記入欄」と「住所の記入欄」がバラバラになってしまうと、住所検索が機能しません。

並べ替えの際は必ず、
「郵便番号の記入欄」
「住所の記入欄」

の順に配置されるようにしてください。

郵便番号セット並び順例

郵便番号を記入すると、住所の候補をサジェスト表示する、新しい住所セット「住所セット(郵便番号サジェスト)」ができました!

従来の「住所セット」とは違い、郵便番号を4桁まで入力すると該当する住所をサジェスト表示します。また、「同じ郵便番号で、住所が違う」場合でも、候補の中より選べるようになっています。
是非ご利用ください!
→ 「住所セット(郵便番号サジェスト)」の設置方法

-メールフォームの作り方マニュアル, 基本機能
-, , , , , ,

執筆者: